海と森の贈り物

12月 26th, 2009

宝勢丸で販売している肥料。

先日、実験的に米ぬかも使用したのでその手順を紹介します。

219

森から採取した落ち葉(土着菌)

220

米ぬかをまぶします。

221

バチルス菌をかけます。

222

発酵させます。

223

暫くして全面このようになったら、攪拌槽に投入します。

・・・・・

肥料袋の一番下に、本製品は中熟品~と書いてあります。完熟品ではない、つまり未熟品であります。

数ヶ月ねかせることが可能なスペースがあれば完熟も可能でありますが、現状ではかないません。

表面施用した場合、匂いに?ハエが集まります。マンゴー農家とかはそれも利点(ハチより受粉がやさしく品質が向上)らしく、購入され、それだけでは足りず、生のアラも持って行かれます。

一般の方の利用には次の方法をお薦めします。

肥あたり等を考慮して少量からお試し下さい。漁師のつくった素朴な肥料です、環境にやさしいことだけは保証したく、さらなる改良を続けたいと思っております。どうぞ、よろしくお願いします。224

One Response to “海と森の贈り物”

  1. 浦和の師匠 より:

    肥料の解説ありがとうございました(肥料についてはドシロウトなので)。
    家庭菜園派も今後利用が増えると思います。
    こちらは寒い時期なので、匂いもそれほどではないと楽観しております。
    会社の屋上緑化と菜園にこの肥料を試す予定です。
    屋上は私の望遠鏡観測基地でもあるので、観測中に匂いが漂ってくると・・・・・・。
    そんなことはないと思います。
    結果については後日ご報告いたします。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 And trackBack URL.

Leave a Reply