幸せの瞬間

4月 23rd, 2010

宝勢丸の捌き室は、組合長がラジオを大音量で流している。いつもNHK-1。

国会中継は、自民党が口撃すると鳩山さんは元気を取り戻すようでおもしろい。そんな中、数日前にあるピアニストが紹介されているような番組があった。ような、と書くのは、単なるBGMなので聞き流していて会話は覚えていないから。

曲の紹介か何かの会話が終わって、ピアノの音が流れ出した。...とほぼ同時に、

すーーっと、考え事をしだした私。作業をしながらです。”考え事”が適切なのか、ただ、ぼーっとしたのか、”瞑想”が合うのか不明。

曲が終わり、会話が始まると我に返った。

え、何、何、いまどんな曲だった。。。

不思議。すーーっと脳にしみ込む、これが私の幸せの瞬間。”幸せの瞬間”は地元紙の写真募集のテーマ。私には画に出来ません。

固いところも耕しておかないと人生もったない。浸透能は大きい方がいい。

無防備で聞いたので、そこからは集中して聞き逃すまいと耳をそばだてていましたが、番組の後半のようでちょっとしか聞けず。新聞のラジオ番組表で確認すると、そのピアニストは川上ミネさんでした。久しぶりに、一発でCD買おうと思わせる人でした。

HPはこちら。http://www.minekawakami.com/

Leave a Reply