移動307

2月 28th, 2011

片側三車線の真ん中を、どこか心ここにあらずの様子でキョロキョロと挙動不審に、ふわふわと運転しているトクダくん。行きと帰りの道が違うのだ。国道に出るまでハンドルを握った谷本支店長は、助手席で寝ているようだ。

トクダくんはそれを確認して安心したいのだが、顔を向けて目があったりしたら、、いくら温厚な谷本支店長とはいえ気まずくて出来ない。現場には、途中で岐阜大の先生を乗せ、積雪深を観測するための計器を設置するという簡単な作業で、遅い昼食を一緒にしたあとは事務所に帰るだけだった。しかし、道が違うのだ。

目的地は名古屋という、200km離れていようが、道路標識に表示されるようなメジャーな土地だ。だから、到着しないことはないのだけれど、右折専用や左折専用車線をかわしきれずに、無駄に有料路の料金所につかまってしまったり、アクセル、ブレーキの乱暴な操作などで支店長が目を覚ましてはいけない。きっと、「どこや?ここ」って言われてしまうから。

起きている支店長との話題を考えるのもしんどいが、ま、伊東さんや亀山さんほどではない。支店長を起こさない運転もしんどいが、ま、使い分けできる腕前ではありません、どうせ。

にしても、少し前から強烈にねむい。噛みすぎたブラックブラックガムは味がなくなって、どうかすると嘔吐いてしまう。心労に顎の疲労が重なる。

支店長ナビの指示がなくなって、トクダくんのマニュアル操舵になったADバンは蛇行運転を始めた。

ここで目を覚ましたら、心中したくないって三重弁で言われる。

名古屋は近い。野生の勘がそう言っている。頑張れトクダくん。

4 Responses to “移動307”

  1. たいらん より:

    移動は時間内が307で時間外が309(運転)308(非運転)だぜ。

  2. 宝勢丸4代目 より:

    だっけか。
    たいらん、ありがと。
    修正しときます。
    立派な課長さんやってるみたいね。

  3. たいらん より:

    いや立派な課長さんは夢やね。
    歴代の課長さんには肩並べるどころか足元にも及ばんわ。
    これから頭悩ましながら,胃に穴空けながら頑張りまっさー。

  4. 宝勢丸4代目 より:

    お体壊さぬよう、夢をかなえて下さい。
    応援してます。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 And trackBack URL.

Leave a Reply