Tokuda Kenjiと水文学

10月 23rd, 2011

http://www.youtube.com/watch?v=3qs8PhEy3Vs&feature=related

私が車の中でBankBandの「ひとつだけ」を聴いていると、明子姉さんが「どうしたの?この曲」と言うので、「青本穂高さんがメールに添付してくれたやつ」、というと。曲に耳を傾けながら、「男同士で気持ち悪いね-。元は矢野顕子でしょう」といいました。

道が混んでいて、18:00ギリギリに目的地につくと、寺木先生もいて、20年ぶりぐらいなので、「おぉー」といいながらお互いに近づき、私が手を出して握手すると、寺木先生はハグしてきたので、the頭薗先生は「男同士で気持ち悪いなぁ」と笑いながら言いました。

1986

そうこうしているうちに、下河先生出演の10分の放送が終わり。(あまみFMってasiviの上なんですね)

真向かいの居酒屋へ

博士3名、じき修士1名、学士1名の計5名で、今日はこぢんまりと。

1987

カツオ漁の話、水産学部の話、技術土の話、明日の予定の話、士研のリナちゃんの話、干木良先生の話、砂防読本みましたよの話、けいこ画伯の話、森林環境税の話、漁礁の話、私のhousei構想の話、、、

1988

1989

後輩の博士が焼酎はつくってくれるので、

夢中に語り、賛同してもらい、まーそれは楽しい時間でした。

・・・・・

1985

私は最後の方に行けるかな。夜の部は参加します。

2 Responses to “Tokuda Kenjiと水文学”

  1. リナ より:

    あっ,今,JTS先生が横にいる・・・。大変ね。

  2. 宝勢丸4代目 より:

    行ったらしいね。
    出発前、士研にお友達いたよねってメールありました。日帰りだって。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 And trackBack URL.

Leave a Reply