巨人、大鵬、卵焼き

1月 21st, 2013

私にではなく、
明子姉さんに、
”おもしろいから一緒に見よう”と言っていた、小二推薦のレンタルDVD。
オープニングから嵌って、私も最後まで見てしまいました。

予告編

旧家の、品の良いおばあさんが、あわれな下々の民のために一肌脱ぐも、問題の解決にはいたらず、で、さいごは算数好きの少年が好きな女の子のために、あきらめない心で危険を脱出する。
デジタルワールドの意味不明さを分かりやすくデフォルメして、カードゲームと、格闘・バイオレンス系の味付けがあり、田舎の金持ちというトレンディドラマの逆輸入バージョン的背景に恋愛を挿入。広々とした気持ちのいい、縁側から見える夏の風景とOZの世界。デジタルと非アーバンというミスマッチの妙は、実はあまり見たことないかも。
飽きずに最後まで、面白いです。もうすぐ44歳もおすすめ。

僕の瞬間最高視聴率てきシーンはここ。 ”あ、、あ・ん・ざ・ん” って言ってます。

で、上の1:36あたりのシーン、お願いしマース!!

最初、一晩かかって解いた暗号を、最後は暗算で、1分で解く。あきらめないで。

逃げろっちゅうの。

最高!!

 

いやー、おもろいじゃん。おめーはどこが面白いんだ?と小僧に訊くと、

「全部」、、だってさ。

きっと、今の朝日小学校二年生男子的には、

スマホ、DS、モスバーガーだな。

スマホは、明子姉さんの使ってラインのゲームしてるし、奄美にマクドナルドはないからね。

Leave a Reply