Bad

3月 31st, 2013

人気者の粟単さんはお見送りの人がいっぱいでした。役職もあるでしょうけど、、人柄ですね、きっと。

紙テープはこれがいくつも。

お疲れ様でした。貧窪さんもねー。

また、お会いできるでしょう。

先輩、ありがとうございました。

豚狩さんも、最後のお仕事で握手できました。

ありがとうございました。

-閉会のあいさつ-
本日はお忙しい中お集まり頂きありがとうございました。
第57期、平成24年度は皆さんご承知のとおり、組合長はじめ役員が総入れ替えとなってスタートした最初の一年でした。全国的には東日本大震災から一年が経過という年でもあり、また、年末には衆院総選挙において政権交代がなされました。振り返ってみますと、激動の24年度であったという感もあります。
しかし、そのような一年で我々の生活はどう変わりましたでしょうか?良くなったでしょうか、良くなる兆候がありますでしょうか。私には感じられません。
今日もまた出てきましたが、
燃油の高騰、魚価の低迷、従事者の高齢化、
これらはもう何年もの間、あいさつの冒頭で枕詞のように述べられています。
今日の来賓のご挨拶にもありましたとおり、円安へ振る経済政策により燃油はさらに高騰しております。組合長が初セリの挨拶で述べた予想はものの2ヶ月で崩れさろうとしています。
コンプライアンスという言葉が流行ったのはもう10年前になりますが、自社の利益だけを考える大企業は多国籍化し、法令の方がすり寄っていく、そういう世の中になっている気がします。グローバル化と声高に呼ぶ経済構造の中で、我々に利するような話題はどこからも出てまいりません。
しかし、
我々の生活は海と共にあります。海を守り環境を守るという重大な責務がございます。ゆえに厳しい経営環境の中においても、ハンデを乗り越えて行動しなければなりません。トリクルダウンの末席で口を開けて待っているわけにはいかないのです。
窓の外に見える豪華客船の乗客に、PR活動をするのはお役人まかせでいいのでしょうか。
打って出なければ何も変わりません。
お手元のみしょレシピだけでなく、
第58期はさらに行動していかなくてはなりません。
少々若く、青い挨拶ではありましたが、
次年度がさらに盛会でありますことを願って、閉会の言葉といたします。
本日はありがとうございました。

なんて言おうとしていましたが、王城がいったん終わらせちゃいましたからね-。

はしょりましたし、入れ替えました。

とりあえず、それでイイです。

週明けには新年度の始まりです。

新天地でのご活躍とご健康ご多幸を祈念して、、。

Leave a Reply