Bad

3月 31st, 2013

人気者の粟単さんはお見送りの人がいっぱいでした。役職もあるでしょうけど、、人柄ですね、きっと。

紙テープはこれがいくつも。

お疲れ様でした。貧窪さんもねー。

また、お会いできるでしょう。

先輩、ありがとうございました。

豚狩さんも、最後のお仕事で握手できました。

ありがとうございました。

-閉会のあいさつ-
本日はお忙しい中お集まり頂きありがとうございました。
第57期、平成24年度は皆さんご承知のとおり、組合長はじめ役員が総入れ替えとなってスタートした最初の一年でした。全国的には東日本大震災から一年が経過という年でもあり、また、年末には衆院総選挙において政権交代がなされました。振り返ってみますと、激動の24年度であったという感もあります。
しかし、そのような一年で我々の生活はどう変わりましたでしょうか?良くなったでしょうか、良くなる兆候がありますでしょうか。私には感じられません。
今日もまた出てきましたが、
燃油の高騰、魚価の低迷、従事者の高齢化、
これらはもう何年もの間、あいさつの冒頭で枕詞のように述べられています。
今日の来賓のご挨拶にもありましたとおり、円安へ振る経済政策により燃油はさらに高騰しております。組合長が初セリの挨拶で述べた予想はものの2ヶ月で崩れさろうとしています。
コンプライアンスという言葉が流行ったのはもう10年前になりますが、自社の利益だけを考える大企業は多国籍化し、法令の方がすり寄っていく、そういう世の中になっている気がします。グローバル化と声高に呼ぶ経済構造の中で、我々に利するような話題はどこからも出てまいりません。
しかし、
我々の生活は海と共にあります。海を守り環境を守るという重大な責務がございます。ゆえに厳しい経営環境の中においても、ハンデを乗り越えて行動しなければなりません。トリクルダウンの末席で口を開けて待っているわけにはいかないのです。
窓の外に見える豪華客船の乗客に、PR活動をするのはお役人まかせでいいのでしょうか。
打って出なければ何も変わりません。
お手元のみしょレシピだけでなく、
第58期はさらに行動していかなくてはなりません。
少々若く、青い挨拶ではありましたが、
次年度がさらに盛会でありますことを願って、閉会の言葉といたします。
本日はありがとうございました。

なんて言おうとしていましたが、王城がいったん終わらせちゃいましたからね-。

はしょりましたし、入れ替えました。

とりあえず、それでイイです。

週明けには新年度の始まりです。

新天地でのご活躍とご健康ご多幸を祈念して、、。

文化の瀑布

3月 19th, 2013

タイトルに惹かれ購入。

池澤夏樹らしーよなぁ、と思いながら読んでると、後半は質疑応答。

聞き手がとてもよくて、略歴をみると同い年か一つ上の信濃毎日新聞の記者。女性。

二人であの時期に、メガソーラーを否定しているのはすばらしい。

 

らしーよなぁ、というのは、いつも感じる。。仰ることはごもっともなのだけど、なにかが引っ掛かるのです。

世代差なのでしょうか、どうも反時計回り系マジョリティ側、文明の中心で文明人に語っているからか、、。否定するつもりはない、知人が好きな作家の一人でもある。私に理解出来る日が来るのか、、そんなこと考えながら、階段を下りると誰も見ていないTV。

あー今どきだなぁ、と思いながら、、村上龍の表情がおもしろい。

私がやってた仕事も同じようなところがあった、、あの徒労感とどう折り合いをつけるのだろうか、このにこやかなお兄さんは。

途中からなので、番組は終了。

最後に編集長(村上龍)の言葉というものがあった、

地方の現実を知った。

もう間に合わないかもしれない、無駄かもしれない、そういうニヒリズムとの闘いだ。彼の仕事は。

正確ではないけれど、そのようなことでした。

がんばれお兄さん。

立ち止まっている暇はない。

がんばるよオレ。

福島第一原発汚染水の海洋への放出記事に関する厳重抗議について

3月 11th, 2013

全漁連が東電に厳重抗議しました。

http://www.zengyoren.or.jp/information/detail.php?type=press&id=71

これを取り扱うメディアのなんと少ないこと、、、TPPと農政連と自民党は扱いますけどねぇ。

私がとっていた水産業業界新聞も情けないことに同じで、記事の小さいこと小さいこと。

だからネ、彼らはジャーナリストじゃありませんの。広告屋ですのヨ。

解体ショー

2月 27th, 2013

解体ショー

in 西鉄ソラリア

in 奄美観光ホテル

in ビッグマリン

2月は3回ありました。

 

よそはどんなかなー、と思ってYouTubeみました。

六本木ではできないかも、と思いました。

あの日本刀みたいなヤツ、ほしーなー。でも、

一本釣りの魚じゃ使わないね。

 

直方のクラブでやろうか?朝二くん。

2月の月光

2月 24th, 2013

夕べ、

明子姉さんがこだわった吹き抜けに、

月が見えた。

一年経って、

犬に網戸とテーブルかじられたけど、

いい家ですなぁ。

 

・・・と、おもいつつも、

FBで気の滅入るメッセージを送る。

こういう時のリラックスサプリ。

あっそう、じいさんじゃダメ?

こっちっすか。

いろいろ探したけど、じいさんの最初のチャンチャチャーが好きだけどなぁ。

約束の電話から17年(?)、昨晩はクレームの電話

2月 23rd, 2013

失礼しました。

あらためて拝見させてもらいました。

セリフもあるとは、、りっぱな俳優さんじゃないですかー。

衣装がはまりすぎだし、頭そり上げてるし、お芝居が上手でさりげないので、、ストーリーのなかでさらっと見てて、気がつきませんでした。

大衆食堂や立ち飲みやあたりは目を皿のようにしてましたけど。。。

あらためて、43:10から44:10まで10回くらい繰り返し見て、

(最後の背中の芝居、サイコーです)笑わせてもらいました。

ま、”綾瀬はるかと絡んでいる”と言えば、そうかもね。反対側のコートだけどね(笑)。


① 1-2 おっぱいバレー 綾瀬はるか 投稿者 amenonakani

 

覚えているでしょうか。。ちみと話したずいぶん前の電話。

おたがい、就職してまだ1,2年のころ、

「市役所の職員は怒られるのが仕事ったいねー」ってなこと、あんさん、笑いながら言ってました。

映画で、あやまるシーンをみて、それを思い出したよ。

 

・・・去年の暮れだったかな、かごんま県職の後田君に、「お前、ヒルナンデスに出てたよなー。すごいよアレ。頑張ってるねー」って感じのこと言われました。

ずいぶん大変らしいですね。ああいうこと。(わたしは何もしてませんが、話のながれで頑張ってることにしておきましたw)

映画誘致の担当も大変だったんでしょうね。

 

あの電話、

あんなことや、こんなこと、いろいろと仕事のはなしをして、、

電話を切るとき、

「じゃーお互い、今度は結婚でもしたら、連絡とろうか」ってちみが言うので、

「分かった」って言って、電話を切りました。

あれから17年くらいですかねー。

約束を破ったのが私で、

破ってないのが君だね。

映画の綾瀬はるかみたいだねぇ(笑)。

 

変わらずがんばっているようで、、ナイスおっぱいですー。

イラストレーター年鑑に

2月 19th, 2013

『日本イラストレーター協会年鑑2013』に2番目に紹介される、

あつみけいこさん。

(ちなみに会員№121212)

私の名刺のイラストは彼女の作品。(私のお気に入り)

イラストの説明に、宝勢丸鰹漁業生産組合とフルネームを入れてくれて、、宣伝してくれてます。

ありがたや。

この絵も、とても好きですー。

社会人として20年

2月 14th, 2013

仕事で奄美に来た、

レフト工業に就職した親友と、

20年ぶりの再会。

 

学生時代の思い出と、

最近老眼なんて話に始まり、

メキシコの海のこと、

シンガポールは世界三大ブスとか、

イギリスは飯はまずくて物価が高いや、

福鳥源溌のマスコミのゴミッぷり、

除千工事と雪といい加減さ、などなど、

だんだん過激で、

おもしろくて、

ちっとも変わっていませんでした。(?)

 

18:00から22:00まで、

とにかく喋りまくりました。

 

 

before

 

after

 

Practice makes perfect

2月 13th, 2013

習うより

頼も

・・・・・

海のことは水産係に問い、、

餅は餅屋よ

刀は刀屋よ、で

大勢になった、

蛇の道は蛇な方々と、、

しばし楽しく、飲み語らい、

 

 

〆はやっぱとんこつ?たいねー。

食べてしまった、一人で。

 

補足 記者の目

2月 12th, 2013

昨日の新聞によると、

奄美のスポーツ合宿で特に陸上の長距離が多いのは、

寒くなく、温かすぎない気候と、

交通量が少なく、走りやすい道路があるから、

らしい。

 

”奄美観光の可能性”とするからには、補足させてもらいます。

長距離選手に必要な栄養素だけを集めてつくったような食材は何でしょう?

カツオです。

し・か・も、世界一おいしく食べられます。

高タンパク低脂肪で、

DHA、

アンセリン、

ビタミンB1、

トリプトファン、

セロトニン、

ビタミンB6、

グルタミン酸、

が豊富。。だってさ。

 

・・・・・

宮本さん、本日はこちらこそよろしくです。